SAEの概要

SAE International(SAEインターナショナル)は、航空機、自動車、商用車業界の関連技術の技術者および専門家が128,000人以上参加している世界規模の団体です。SAE International(SAEインターナショナル)のコア・コンピテンシー(中核技術)は、生涯学習と自発的合意によって、標準を策定することです。SAE International(SAEインターナショナル)の慈善団体がSAE Foundation(SAE財団)です。この団体では、「A World In Motion(ワールド・イン・モーション)」や「Collegiate Design Series(大学生向け設計シリーズ)」などの多数のプログラムを支援しています。
1900年代初頭、米国には数十社、世界中にはさらに多くのの自動車メーカーが存在していました。これらの自動車メーカーや自動車部品メーカーの多くが事業の宣伝と、自動車という新しい輸送手段に対する大衆意識の喚起の必要性から業界団体に加入しました。しかし、それからまもなく、特許保護、共通の技術/設計上の問題、および設計規格の策定などの必要性が持ち上がり、自動車業界の多くの技術者が、自分達が持つ個々の専門知識基盤を広げるために「自由なアイデアの交換」を切望するようになりました。 詳細はこちら
SAEの事務所と支部 詳細はこちら
SAE International(SAEインターナショナル)は、科学者、エンジニアおよび業界関係者の世界的な組織で、社会の利益のために中立的なフォーラムによって自動推進車両およびシステムの知識の深化を図ります。 詳細はこちら
SAE International(SAEインターナショナル)は、SAE会長を長とする役員会によって運営されます。同会長は理事長も兼務します。この役員会は、業界標準と教育、ネットワーク形成とキャリア開発の機会を提供することで、世界中のモビリティ技術者の世界規模のネットワークに貢献するというSAEのビジョンを支援します。 詳細はこちら
どんな専門分野においても、個人が一番満足を得られるのは、おそらく同業者にその業績を認められることでしょう。このような評価は個人的な喜びをもたらすだけではなく、さらに大きな目標を達成するための推進力となることも珍しくないため、技術的な利点および多くの場合は社会的な利点を個人の同僚、事業主、および大衆にもたらすことになります。SAEは1905年の設立以来、各種車両とその部品、システム、材料の設計、エンジニアリング、および生産において優れた功績を評価するプログラムを設定し、運用してきました。 詳細はこちら
フォローする