Analysis Techniques for Racecar Data Acquisition, Second Edition

Analysis Techniques for Racecar Data Acquisition, Second Edition
著者:
Jorge Segers

これまで、レースカーのデータ収集は、高度なチャンピオンシップを争う資金力が豊富なチームだけの特権でした。電子機器のコストが大幅に低下した現在、このデータ収集は一般的なものになりました。しかし、記録されたデータが適切に解釈されない場合、データ収集システムは金の無駄遣いになりかねません。

ベストセラーとなった 2008 年版の改訂となる本書では、車両のデータ収集システムによって記録されたデータの分析に関する多くの技法が紹介されています。本書では、車両と運転者のパフォーマンスの測定方法、それから学習できること、およびその情報を使用して次回のレースでのパフォーマンスを向上させる方法が詳細に解説されています。このような情報は、すべてのモータースポーツにおけるレースエンジニアとマネージャー、レースチーム、およびレースデータアナリストにとって非常に貴重です。

F-1

レースカーのパフォーマンスを測定する場合でも、一般道路の走行が可能なレースカーのパフォーマンスを測定する場合でも、車両と運転者の力学は同じなので、同様の分析技法を適用できます。

レースによっては、チームの運営予算の関係でデータ収集が制限されることがあります。そのような場合、最大限の情報を収集し、手元のハードウェアで解析することが非常に重要です。データをより効率的に活用するチームは、レースにおける優位性を確立することができます。

しかし、電子機器の大幅なコスト低下によって、高度なセンサーと記録機能に一般の手が届くようになりました。その結果、情報が溢れかえるリスクが生じています。大量のデータセットから適切な結論をすばやく引き出すための技法が必要とされています。

更新された内容に加えて、この新版には、タイヤの性能を分析する技法を解説した章、本書全体で使用されるメトリック駆動型分析を概説する章、およびサーキットに関するどのような情報がデータに含まれるかを説明する章という 3 つの新しい章が追加されています。

発行者: SAE International 製本: ハードカバー
発行年月: F2014年2月製品コード: R-408
ページ数: 534製品の状況: 在庫あり

フォローする