Fuel/Engine Interactions

Fuel/Engine Interactions
著者:
Gautam Kalghatgi

従来の化石燃料は、当面は自動車燃料の大部分を占めると思われますが、エンジン技術の変化に適応する必要があります。バイオ燃料、GTL 燃料、圧縮天然ガス、液化石油ガスなどの新しい輸送燃料も登場しています。燃料セルが実現し、生産、輸送、貯蔵、および安全性における障壁が解決されれば、水素も現実的な輸送燃料となります。

本書は、このような課題を扱い、実用的な輸送燃料を紹介します。エンジン堆積物は他の書籍では一般的に扱われていない項目ですが、本書には、燃料によるエンジンへの影響に関する実用的で重要なトピックを扱う章も含まれています。

その後の 3 つの章では、エンジンでの自然発火現象について解説します。燃料の自然発火耐性は、火花点火式エンジンの効率性を制限し、圧縮点火式エンジンの性能を決定する最も重要な燃料特性です。さらに、燃料の製造業者は、燃料仕様によって設定された自然発火に関する品質要求を満たす必要性に大きく左右されます。最後の章では、未来の燃料の可能性について説明します。 本書は、燃料とエンジンの関係に加えて、将来のエンジンの要件を満たすために燃料にどのような変更が求められるのかとその理由、そして燃料の製造と仕様が意味するものについて解説します。

発行者: SAE International 製本: ハードカバー
発行年月: 2013年10月製品コード: R-409
ページ数: 272製品の状況: 在庫あり

フォローする