SAE小型車両用ディーゼル排ガス規制シンポジウム

走行する車両の増大に伴い、排出レベルの上昇と大量の温室効果ガス(ほとんどがCO2)の増加による地球温暖化に大変な注意が払われるようになっています。米国では企業別平均燃費(CAFE)基準がますます厳しくなっており、 技術者は燃費の改善と汚染物質の排出レベルの低下を両立させるシステムを実現する方法を探求しています。

特に米国市場を対象にしたシンポジウムに、第一人者として参加し、排ガス規制コンプライアンスの対応策と調査および実証中の小型車両用ディーゼルの現在および将来の世代に適用される技術に重点を置いた情報を討議し、提示してください。

注目のトピックは以下のとおりです。

  • ディーゼル・エンジン技術に関する新しい技術的発展と体験
  • 微粒子除去技術と装置における技術革新
  • 米国市場における法律、CAFE基準、およびコンプライアンスの課題
  • 燃費と排ガス制御を改善するための代替燃料に対する実行可能な選択肢としてのディーゼル

参加者は自動車、小型乗用車、トラックOEM、サプライヤ、研究開発機関、および学術機関で構成されます。この小型車両用ディーゼル排ガス技術と課題に関してきわめて適切な、テーマが絞られたシンポジウムに今すぐ参加しましょう。

フォローする