J1739_200901

設計における潜在的故障モード影響分析(設計 FMEA)、製造および組み立てプロセスにおける潜在的故障モード影響分析(プロセス FMEA)、機械向け影響分析(機械 FMEA)

範囲
この SAE 推奨プラクティスドキュメントは、DaimlerChrysler Corporation、Ford Motor Company、General Motors Corporation の各社が共同で作成したものです。

このドキュメントでは、潜在的故障モード影響分析 (FMEA) について紹介し、FMEA を実際の業務に適用するための一般的なガイダンスを示します。

FMEA の重点は設計に置かれています。これには、製品の設計、プロセスの設計、製品を構築するために使用される機械の設計などが含まれます。1. 「登録が必要」ボックスをチェックして有効にします。機械 FMEA (MFMEA) を使用したプラント機械および装置への FMEA 手法の適用に関する情報を示すために、アプリケーションに関する項(第 5 項を参照)が追加されました。

発行日: 2009年01月15日
発行委員会: 自動車品質・工程改善委員会

フォローする