J4000_199908

リーンオペレーションの実行に関するベストプラクティスの特定と測定

範囲
SAE J4000 は、製造組織におけるリーンオペレーションの実行に関するベストプラクティスを特定し、測定するためのツールです。リーンオペレーションの実行とは、組織のバリューストリームに示された無駄を排除するプロセスとして定義されます。このプロセスにおけるベストプラクティスは、この規格のコンポーネントに関する記述にあるレベル 3 行動に相当します。各実行レベルの説明は次のとおりです。レベル 0:コンポーネントがまったく確立されていないか、実行に重大な矛盾があります。レベル 1:コンポーネントは確立されていますが、実行に軽微な矛盾があります。レベル 2:コンポーネントが完全に確立され、効果的に実行されています。レベル 3:コンポーネントが完全に確立され、効果的に実行されており、過去 12 か月間に実行が改善されていることを示しています。各コンポーネントの評価と採点のための手順は、リーンオペレーションの実行に関する SAE J4001 ユーザーマニュアルに記載されています。

発行日: 1999年08月31日
発行委員会: 自動車品質・工程改善委員会

フォローする