JA1011_200908

信頼性中心保全 (RCM) プロセスの評価基準

範囲
信頼性中心保全 (RCM) に関するこの SAE 規格は、所有または使用している物理資産あるいはシステムを責任をもって管理したいと考えている組織向けに作成されたものです。

RCM とは、特定の動作環境において物理資産の機能障害を引き起こす可能性のある障害モードを管理するために必要なポリシーを特定するプロセスです。このドキュメントは、RCM プロセスとして導入されているプロセスを評価し、それが真の RCM プロセスであるかどうかを判定することを目的としています。このドキュメントは、RCM プロセスに必要な最小限の特性を明示することによって、この評価をサポートします。

発行日: 2009年08月26日
発行委員会: G-11m, Maintainability, Supportability And Logistics

フォローする