2013-01-0439

注意散漫運転:現象と問題を履き違えていないか?

範囲
近年、注意散漫運転の危険性を取り上げた調査結果や新聞記事がひっきりなしに発表されています。このことは、携帯電話などのテレマティクスシステムを運転中に使用することによる危険に特に当てはまります。これらの記事の量の多さと内容の辛らつさを見ると、運転者が道路に集中するのではなくテレマティクスデバイスに気をとられていることが主な原因となり、米国における交通事故の件数が飛躍的に増加しているのではないかと考えがちです。ところが実際には、その反対が正解です。

発行日: 2013年4月8日
発行委員会: David Curry, John Meyer, Aaron Jones

フォローする