2014-01-0300

接続車端部を固定すると、終了するには

範囲
50 年分に相当する調査結果が示すとおり、「注意散漫運転」の問題に対する私たちの考え方全体が間違っている可能性があります。私たちは問題の原因ではなく、問題の結果にこだわりすぎている可能性があります。高レベルのワークロードがパフォーマンスに悪影響を及ぼすことは、調査結果に繰り返し示されています。これほどよく認識されていないのは、ワークロードレベルが低すぎても、ほぼ同じ悪影響が及ぶということです。過去 50 年間に、さまざまなイノベーションのおかげで、運転者が行う必要のあるタスクは減少の一途をたどってきました。タスクが減りすぎたとしたらどうでしょうか。もしそうであれば、現在見受けられる「注意散漫運転」の「増加」は、運転者の車両関連ワークロードのレベルが下がりすぎて、運転者が自分のワークロードを最適なレベルまで再び引き上げるために、注意を向ける別のタスクを探している姿勢の表れであると考えられます。

発行日: 2014年4月1日
発行委員会: Tao Zhang, Helder Antunes, Siddhartha Aggarwal

フォローする