2014-01-1491

自動車排ガスのレビュー

範囲
このレビューペーパーでは、自動車排ガス規制およびテクノロジーに関する 2013 年の主な最新情報を要約します。まず、この分野の規制に関連した主な最新動向を取り上げます。たとえば、米国では、軽量 (LD) 自動車の排ガスによる汚染物質基準を厳格化することが提案されています。また欧州では、実路走行で排出ガスを規制する RDE 基準の策定が続けられています。中国とインドでは、空気質に関する深刻な問題に取り組むための大きな変化が起こっています。このペーパーではさらに、燃料分野の最新動向の概要も簡単に取り上げます。予想によると、現在、原油供給安定期の早期段階に入っており、今後燃料価格は安定する可能性があります。LD および HD(重量)自動車のエンジン技術は、エンジン効率の点で著しい改善を重ねています。このペーパーに要約するとおり、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンには、新しく登場した NOx および GHG 規制に準拠するための改善が加えられています。HD エンジンは、一般的なアプローチを使用して 50% のブレーキ熱効率をすでに達成しているか、まもなく達成する見込みです。さらに、SCR(選択的触媒還元)システムと SCR フィルターの開発を含む、NOx 制御技術についても要約し、低温 deNOx およびコンポーネントの統合と制御について重点的に説明します。ディーゼル PM(粒子状物質)削減技術は、灰沈着物の挙動と SCR 統合を中心に発展を遂げています。直噴ガソリン用フィルターは急速に進化しており、背圧とライトオフの各特性と排ガス削減の点で標準の三元触媒 (TWC) によく似ている場合があります。酸化触媒は、炭化水素と CO の含有量が多く、メタン酸化を伴う排ガスに関連した低温性能など、困難な問題の発生を伴うことがよくあります。最後にこのペーパーでは、ガソリン排ガス規制の最新動向を取り上げ、エンジンキャリブレーションとそれに適合する排気システム特性について重点的に説明するとともに、低公害ガソリンの排ガス規制について説明します。

発行日: 2014-04-01
発行委員会: Timothy Johnson

フォローする