2014-01-2481

摩擦材料の摩擦力に表れる記憶効果の調査

範囲
自動車のブレーキに使われる摩擦材料は、時間依存の摩擦挙動を示すことが知られています。これらの動的効果を検証する際には、測定デバイスが特別な条件を満たしていることが必要となります。ブレーキシステムの影響が最小限に抑えられ、速度、接触圧、温度などのパラメーターが厳密かつ独立して制御されている必要があります。さらに、特殊な試験手順を設計する必要があります。試験手順の設計には、ブラウンシュヴァイクにある Institute of Dynamics and Vibration Research の高負荷摩擦計などを使用すると理想的です。

発行日: 2014-09-28
発行委員会: Lars Wilkening, Hans-Guenther Paul, Georg Peter Ostermeyer

フォローする